萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まず最初にこれだけは言いたい、アイキャッチにアイキャッチと書かれたものを使う発想はなかったわwwww

ある意味最先端で噴きそうになりましたよw

でとりあえずこの作品とは?などを書いておきますかね。

この作品はPCアダルトゲームのORBITのROOTブランドから今年の4月27日発売予定の「桃華月憚」が原作で、ヤミ帽スタッフが原作とは違ったアニメオリジナルの物語をお送りする作品らしいですわ。主に描かれるのは恋愛物語で良いのかな。

まず冒頭の説明で出た「マクスウェルの悪魔」は知りませんでしたが、Maxwell(マクスウェル)と言えば、個人的にはMaxwellの速度分布則やMaxwell分布の式などでお馴染みの物理学者のマクスウェルを知っていたので、そのマクスウェルと関係があるのかと思って調べてみたら、本人の事だったので、そんなことが提唱されたいたのかと知って驚いた。

冒頭でマクスウェルの悪魔は否定されたと述べられていましたが、もしそれが今回銃を熱くすることを見せたエリスの存在によって可能になるのならマクスウェルの悪魔のリンク先にも書かれていますが、永久機関なども理論上可能になってしまうので、その能力のせいでエリスが狙われているのかなと思いましたね。

まあ公式の方のエリスのキャラクター説明中に「魔女」のDNAを持つとか書かれているので、マクスウェルの悪魔とは関係がなさそうな気もしますけどね。

☆エリス:清水 愛さん


記憶があまりないからなのか、人とのコミュニケーション能力が乏しいというかそっけない印象のエリス。

だけど一方でおばあちゃんのことを心配して、町に留まって世話をしたり、怪我をしているナディのことを心配し治療したりと本質的には、優しいみたいですな。

こういう感じの内面のキャラクターは、好きなので作品を楽しみ上では大きなプラスでありましたよ。

まあ内面だけでなくルックスも好き系ですけどね(笑)

それにしてもあの身体能力の高さと不思議な能力には、「魔女」のDNAとやらが関係しているのでしょうが、普通に驚きましたね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。