萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アニメ】 タクティカルロア 第7話 「エニアック・マニアック」 (キャプ感想)


今回の話は



ネット上の掲示板でパスカルメイジを襲おうということが書かれたことが発端で、



艦長たちの会話の中で、いくら護衛対象がいなくった帰路とはいえ、軍の合同演習が行われている海域のすぐ横を通るために少しの進路のズレが大問題になるという伏線を張りつつ、



真夏が美晴のノートパソコンを勝手に取り、そのことをさんごが注意すると、真夏は「本当に嫌なら飛びかかってでも取り返せばいいのだ」と美晴のことを責めるということが描かれたことによって真夏が美晴に不満があるという伏線を若干弱い気がするが張りつつ、



一方で翼が看取に相談することで翼が恋をしているということが判明しつつ、



ネット上の掲示板でパスカルメイジを襲おうと書いた何者からの外部からのネットワークテロを受けたことから、




阿古屋姉妹と美晴の対立が起こり、その対立から、阿古屋姉妹とさんごのこの艦に乗っている覚悟が描かれつつ、



一方で、翼と漂介の恋のフラグが立ちつつ、



少しの進路のズレが大問題になるという艦長のセリフが生かされる形で、ネットワークテロによって進路のズレが生じたために艦が緊急事態という緊迫感が描かれつつの、



レーゲン@皆川純子(推測)、ハクビ@能登麻美子という新たな敵になるであろうキャラを登場をさせつつ、



現行のシステムを今のまま使えなくなったという次回への繋がりが描かれていて、

ある一点を除けば起承転結もきちんとなされていてなかなか面白かった。

個人的には、この作品は作画、キャラデザ、CGのレベルが低いことと、前回のレズ姉妹の無駄なエロ演出さえ改善されれば、ストーリー自体は面白いと思う。

今回の話においても阿古屋姉妹と美晴の対立の伏線を今までの回で一回だけでもいいので描いて置くべきだった点以外は、個人的には良いシナリオになっていたと思う。


それにしても




ちょwww艦長何書いているんだよwww

艦長が変なHPを更新していたところは笑えた。

気になったのでリップルワークという語でググってみると3件ヒットしたのには驚いた。





翼かわいいよ翼

(作画、キャラデザ以外が)

この作品は本当に勿体ないなあ、もう少し作画、キャラデザが良ければ、僕っ子+男性に疎い+ボイスが高橋美佳子さんという魅力的な翼に間違いなく萌えることができるのに(俺はね)

もし、もう少し作画、キャラデザが良ければ




このさんごの時だって反応できたはずなのに本当に勿体ない。

両A面シングル「ふたりぼっち / モノクローム」Webラジオ『たくろあ航海日誌』主題歌TVアニメ『タクティカルロア』EDテーマ
両A面シングル「ふたりぼっち / モノクローム」Webラジオ『たくろあ航海日誌』主題歌TVアニメ『タクティカルロア』EDテーマ中原麻衣 rino 大久保薫

ランティス 2006-02-08
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


投稿者:satosi
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。