萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆麻井麦:樹元オリエ



電池切れになったり、いじられたり、逃げようとするところを捕まったり、妄想を爆発したりして、笑いをとって、ある意味大活躍の麦(笑)

その笑いをとった中でも特に、制服が濡れてしまったから、借りた体操服で一時間目の授業に備えているところで、甲斐に

「麻井、今日の一時間目は体育じゃないぞ。そうか昨日のショックがまだ……」

ちょwww可哀想な人扱いされてるwww

というところと、借りた体操服の名札に神奈と書かれていたために、担任には「今日の麻井は神奈さんか」といじられる(これが噂の先生の生徒いじめか(違))というWコンボには笑いましたね。

でも一方で大音量の声を放つ麦というのは、普段とのギャップがあってインパクトがありました。
前回は今の声、麦の声だったのという感じで、いまいち麦の声という実感がなかったので、今回は麦が発した声と直接的な描き方をされていたので、インパクトの度合いは大きかったです。

上記のような感じで笑わせてくれると同時にギャップがあって良いなと思わせる麦というキャラは良いですな(可愛いなと思わせるところもですが)

☆一ノ瀬野乃:川澄綾子



麦が大音量の声を出したところで、「声……だったり」「大丈夫よ……まだ…ね」と言っている姿が印象的だった野乃。

公式HPのキャラクター紹介のところを読んで、このセリフの意味することを知っていただけに、このセリフを言っている野乃というシーンには切なくなってしまうと同時に、何故? そこまでしてと思ってしまいましたね。その理由が気になりますな。

話は変わって、嘘か真かは分かりませんが、桂木が語る「野乃さん空手部ボコボコ事件」(勝手に命名)には、野乃さん(いつの間にかさん付け)にそんな一面がと……驚くことなく納得してしまいましたね(マテ

だって野乃さんって、1話で麦にサインをさせた時から底知れない感じがしていましたからね……これを知ってより確信に近づいたくらいですよ(ぇ

野乃さん (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル(コラ

☆神奈ちとせ:やぶさきえみ



演劇部所属なのに、桂木目当てなのか、何故か演劇研究会にいたオリナル(ォィ

転んだ麦を心配したり、体操服を貸したりして優しいところや、野乃さんに無視されて笑いをとっていたりと好印象でした。

あとは麦とは正反対に肝が据わっているところや、腹式呼吸ができているところ、麦を笑わせることによって声を出させたりと、できるという印象を抱いたので、麦のライバル的存在とかになるのかなと思いましたね。


今回もところどころで笑いをとってくれる麦のおかげで、楽しく視聴した感じであります。前途多難の麦が演劇をどうこなすのか楽しみであります。

ちなみに今回のタイトルの「まがい……物?」は大方の予想通り? 演劇部側からみた演劇研究会のことということだったので、特に語ることなし。

ネタらしきもの


「○○を知りたいなら、(中略)ウチに来なさい」
→え、ええええ!! お宅に行ったら○○を教えてくれるんですか? お姉様(ォィ

○○に入るのはご想像にお任せします(ぇ

関連リンク
ひとひら 第1話 「む、無理です…」 感想 投稿者:クロのシエル
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。