萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログでの新作アニメ感想第1弾は、「ひとひら」でいこうかと思います。

まあ感想を書くのは久しぶりなので、微妙ですが気にしない(ぇ

この作品のネトラジがここで配信されているので聴いてみると良いかも。

ってことで感想にいきますかね。

とりあえず、まずは私的に印象が強かったシーンを振り返ってみましょうかね。

・自己紹介文を妄想の中で考える麦


「趣味は一人遊びと寝ることです」

→趣味が一人遊びで寝ることとは、何て破廉恥な!!(違)
(破廉恥なのは違う方向に持っていこうとしているお前だからな)

ここにマーチスを越えるかもしれない一人上手現る(マテ
(このネタ、パンシザ知らない人、普通に分からないだろうなw)

と冗談はいいとして、自己紹介で趣味が一人遊びと寝ることってアピールするのは、まずないですな。

だってマイナスアピールじゃないですか? この趣味(コラ

・あがり症の麦の自己紹介


「麻井麦でしゅ、どうじょよろじく」

→ちょwwwあがり過ぎて言葉が幼児化してるwww

これでみんなから笑いをとるとはおいしすぎますな……芸人として(ぁ

でも幼児化して話す麦がプリティーでしたよ。

・百合?な雰囲気な麦&野乃


「安心して、優しくしてあげる」

→ええええ!! 優しくしてあげるって何をされるんですか? お姉様(ォィ

川澄綾子さんボイスのお姉様的キャラにこんなこと言われたら、いろんな書類にサインしてしまいそうですわ(←それ破滅フラグ)

と私的ハイライトを振り返ったことですし、感想。

原作は未読なので良くは分かりませんが、これから声が出なくなるほどの極度のあがり症なのに、演劇研究会に入部してしまった麦が、問題を抱えながらも演劇をしていく話ということでOK?なのかな。

この第1話を視聴したこの作品の印象は、何というかこの作品独特な雰囲気みたいなものを感じたかも。

とりあえず、今回はつまらないという内容ではなかったですし、ビジュアルは好き系ですし、川澄綾子さんが演じる一ノ瀬野乃、雪野五月さん演じる榊美麗あたりのキャラも気になるんで視聴継続決定ですわ。

最後にここでの美麗の紹介文中で理乃という名前が出ているのですが、これって理乃というキャラクター自体がいるのか、それとも野乃と書こうとした誤字?

キャスト(敬称省略)
麻井麦:樹元オリエ
一ノ瀬野乃:川澄綾子
西田理咲:氷上恭子
桂木たかし:成田剣
西田甲斐:岸尾大輔
榊 美麗:雪野五月
神奈ちとせ:やぶさきえみ
遠山佳代:宮川美保

関連リンク
ARIA’s Blog ひとひら 第1幕 「む、無理です・・・」

P.S.事前情報で佳奈様が出演されていることを知らずに佳奈様が出演されていると分かりダメ絶対音感発動……だけど一方でちわちわが出演されているって気がつかなかったorz←どうでもいい
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。