萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「チェック・メイト」

私の心もくららによりチェック・メイト(阿呆)

と阿呆な発言は置いておいて館華くららは、ほーちゃんボイスですし、ルックスも結構好き系なので、好きになりつつあるのであります(早っ、1話にしてかよ)

何よりも名前があの『クララが立った』のクララと同じ名前っていうのが良いですな。

おそらくこの作品でも話が進むなかで『くららが立った』と名シーンをみせてくれるに違いなと思うんでね(マテ





22世紀、地球。

大規模な世界大戦は起らないものの、いたる所で局地戦が勃発し、不安定な状態は依然続いていた―――

と「獣装機攻ダンクーガ ノヴァ」の第一声を、「超獣機神ダンクーガ」の藤原忍役を演じられていて、今作でもF.S.役で出演される矢尾一樹さんが務められているのはなかなか感慨深し。

今回の話はダンクーガ ノヴァのパイロットメンバーを北○鮮もビックリの拉致技術(転送)で集めて(ォィ、表向きでは普通に生活できて、裏ではダンクーガ ノヴァのパイロットをしてお金を稼がないか?という二重生活のお誘いがあったあと、ダンクーガ ノヴァに無理矢理乗せて戦わせてというお話というところかな(婉曲な表現多すぎ)

ストーリーに関しては、第1話で今回はほぼイントロダクションな感じの内容だったので、分からないというのが正直なところかな……面白くもないし、つまらくなもないということでね。

あらすじを読んだ限りでもいろいろとこれからありそうな感じなんでね。

それにしてもダンクーガの説明…世界中の紛争地域に突如現れては不利な方に味方し、圧倒的な戦力で戦いを終わらせる。

ってどこのミスリルだwwwと小一時間。まあ少し異なりますがね。

戦闘シーンは、今回は短すぎて判断しづらいですが、戦闘シーンはCGじゃないので、よほど動きが遅いとか、演出が駄目すぎない限りは、大丈夫な気がする?


とりあえずしばらくは付き合う予定ですわ。


キャスト(敬称省略)
飛鷹 葵:池澤春菜
館華くらら:桑島法子
加門 朔哉:鈴木達央
ジョニー・バーネット:泰勇気
ルゥ:後藤沙緒里
セイミー:大原さやか
田中:藤原啓治
イザベル・クロンカイト:根谷美智子
F.S.:矢尾一樹
WILL:若本規夫
エイーダ:後藤邑子
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。