萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏ということで怪談話をすることになったひだまり荘の4人。



「ちょうど一年前の夏休みに私は学校に用事があって、学校に向かっていたの。その向かう途中、夏だというのに長袖のコートを着た人に出会ったことが、この身も凍るほどの出来事の始まりだったわ……」



「だってその長袖のコートを着た人は、私と出会うやいなや、いきなりコートをめくって私にピーを見せたのよ」



ヒロ「その時のピーが目に焼き付いちゃって、離れないの」

沙英「だれが怪談話じゃなくて猥談話をしろと言った(怒)」

ゆの「でも下手な怪談話よりもよっぽど恐いですね」


上記の物語は、フィクションであり、登場する人物名、団体名は、実在のものではありません(ぇ


感想
前回に引き続き、今回も4人+1人のキャラクターが描くゆるいというか、ほのぼのとした雰囲気のお話が、笑いのポイントも外すこともなく空回りしていなくて面白かったです。

時系列がいきなり飛んでいるような気がするのもあまり連続性が気にならない作りなので問題なかったかな。

大分違う気がしないでもないけど、身内キャラばかりで話が描かれていることと原作が同じ4コマということでアニメ版「あずまんが大王」に近い印象を抱きましたとさ。



桃月日々新聞って「ぱにぽに」繋がり?



吉野屋先生のこのお姿の方が水着姿より良いと思った自分はやばいなorz



ちなみに今回の提供バックイラストはきゆづきさとこ氏。

これは毎回違う方が担当されるのかな?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。