萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆秋子さんの特製毒物じゃなくてジャムの被害者再び

秋子さんがあゆに特製ジャムを出した後の祐一の「あゆ、短い付き合いだったな」名雪の「ごめんね、あゆちゃん」と言いながらの反応とジャムを味わった後の半泣きのあゆとはお約束ながらも笑った。

今回は佐祐理さんの回想話、怪我と陰で重い話だったので、ある意味この一連の動きがちょうど良い緩衝剤になっていたかなと思いましたね。




◆舞ルートフィナーレに向けて着々と進行中!!

舞ルートにとって重要なフラグである「うさみみ」「しりとり」をこなすという今回の内容と次回予告を視た限りでは残り1、2話で終わりかな?

舞ルートはKanonを初めてプレイした時に一番最初にクリアしたルートなので、思いで深く、思い入れも一入なので楽しみです。まあ過度な期待はしないようにしますがね。

舞の泣き顔にやられた自分はダメ人間。




☆佐祐理さんが舞にこだわる理由……そして悲しい過去

私にも弟がいるのですが、ごくたまに、幼い頃、図らずして弟を少し邪険な扱いをしていたことがあったので、その事を少し後悔(今ではそれななりに仲は良いですが)したことがあったので、もし佐祐理さんと同じように別れを迎えていたら佐祐理さんと同じように心から笑えないようになったかもしれないと思い、佐祐理さんの過去の話は悲しかったですね。

佐祐理さんが舞にこだわる理由は弟と舞を重ねているからでしょうかね。

あと東アニ版Kanonでは確か佐祐理さんルートのお話はしてなかったはずなので、東アニ版Kanonしか御存知でない方は、新発見だったのではないでしょうかね。

これは2クールだからこぞ成せたことということでプラスだったかな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。