萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今クール新作一作目はゴスロリ美少女ファンタジーアクション(ショタもいるよ)(勝手に命名)「Saint October セイントオクトーバー」です。

で一話を見た限りでの簡単な感想は



ゴスロリ美少女が戦う姿っていいね!!

っていうところでしょうか。

基本的に自分はゴスロリ好きなので、結構楽しめそうかな。

まあ今のところは駄作にも良作にもなれる作品という認識ですがね。

以下第一話の少しの感想とこの作品のスタッフとキャストについて



最近アルカナシティでは、男ばかりを狙う誘拐事件が起っていた。

俺はこのニュースを知ったとき犯人の特徴が一つ思い浮かびましたね。

そう

犯人はショタ好きだ!!

とね(マテ



「そこのユー、ユーが正義の味方になっちゃってもいいんじゃない」

ちょwwwジ○ニーさんktkr!!!

思わず噴きそうになったじゃないか。

今回はここが一番印象深かし。


☆作品
制作会社は「おねがいマイメロディ」「涼風」を制作した、している「スタジオコメット」って言ったものの特に語ることがないな(マテ

マイメロは良いとしても、涼風は……って感じですかね。

監督は「School Rumble」「ケロロ軍曹」の演出、「超GALS!寿蘭」の絵コンテを担当されたことがあって、この作品がご自身初の監督作品になる佐藤まさふみ氏ってことで、この作品は笑える作品になるのかなという予想。

シリーズ構成・脚本は「おねがいマイメロディ」「成恵の世界」「School Rumble」「ぴたテン」「炎の蜃気楼」で脚本をされた江夏由結氏。
マイメロ、成恵の世界、スクランなどは自分の中で評価が高い作品の方なので一応期待。

江夏由結氏以外に脚本担当は山田由香氏と笹野恵氏。

山田由香氏は「タイドライン・ブルー」でシリーズ構成・脚本、「僕等がいた」「無人惑星サヴァイヴ」「ガラスの艦隊」「蟲師」「涼風」「まもって!ロリポップ」「ひまわりっ!」他で脚本を担当された方ですな。
自分的に良作と駄作を担当された方なので何とも言えない感じかな。

笹野恵氏は「タイドライン・ブルー」「ひまわりっ!」「ぺとぺとさん」「ギャラリーフェイク」「天使な小生意気」「マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ」「アニマル横町」他で脚本を担当された方ですな。
山田由香氏と同じく自分的に良作と駄作を担当された方なので何とも言えない感じかな。

脚本が数多くの作品の脚本をされている方の3人体制ということで、良い意味でも悪い意味でも安定した作品になる気がする。

作画に関してのスタッフに関しては省略(ぇ
作画は安定しそう?

キャラデザは好みの問題


☆キャスト(第1話で登場したメインの方(野郎は含みません))


葉山 小十乃(はやま ことの)(黒ロリ):片岡 あづささん

片岡あづささんといえば、この作品の制作会社が現在制作中の「おねがいマイメロディ」シリーズの夢野歌役が自分の中で一番メジャーかな。
あと他には「ストロベリー・パニック」の静馬の取り巻きだった東儀瞳役ぐらいかな。

正直最初キャスト欄を見たときはすぐに歌ちゃんの中の人だと気がつかなかったのは秘密(笑)
まあお声を聞いて気がつきましたけどね。



白藤 菜月(しらふじ なつき):福井 裕佳梨さん

福井裕佳梨さんといえば、アニメでは「School Rumble」のサラ・アディエマス役が自分の中で一番メジャーかな。
あと他には「ストロベリー・パニック」の白檀籠女役、「トップをねらえ2!」のノノ役、若干古いところでは「彼氏彼女の事情」の瀬名りか役(あの裁縫が上手い子ね)が印象的かな。

この作品に関しての自分的一番期待の声優さんは、今回は出ていなかったけど聖 三咲役の小林 ゆうさんですな。


まあ何にせよ次回も視聴しますわ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。