萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第6話 「Bright Side of Life(前編)」 キャプ感想

Bright Side of Lifeは直訳すると「人生の明るい面」でいいかな。




アバンでの葬式なのに「ひょっこりひょうたん島」の歌が流れた時には、そのギャップに吹いた。

っていうよりも本当にこれよみがえる空であっているよね?と一度疑問に思いましたよ。

で今回の話は



本郷さんの過去の事故やそれによる転属や



一宏と親父によるさりげない会話による一宏の今の仕事に対する不満や



一宏が同僚との会話により本郷さんの腕前や過去の事件を知るという伏線があって



ラストに次回に繋げる事故が起こってという話で、次回からの話に繋げる伏線を張っていた回のように思いました。

この作品は救助するシーンが一番の見どころだと思っているので今回はそこがまったくなかったので正直不満の残る内容ですが、まあ前編ということで救助するシーンがないのはしょうがないですね。

まあ下手につまらない救助シーンをみせられるよりはマシですから。

でも時系列がとびとびになっていたのには少し混乱したかな。

前編は救助シーンもなく日常パートを多く描いたのだから、後編は今までよりもさらに見どころ溢れる救助シーンを期待したいです。



24時間営業は大変じゃろと言う一宏。

バイトに来とるカタオカくんがいればなんとかなるだろうというおやじ。

ありえないよ親父。
カタオカくんがどんなに働き者でもなんともならないってことはあるって。



車を擦っためぐみにこの車に機付長が居ったらお前ぼこられるでと言う一宏というシーンは、先に機付長のことを話して置いてのこのセリフだったので上手いなあと思って笑えた。

救難隊は災害出動が本来の仕事ではなく航空自衛隊機の墜落の際に隊員の命を救うための組織。

F転とは戦闘機パイロットから救難や輸送の飛行隊への転属を指す。

というのを今回見ていて知ったときはそうだったんだあ、知らなかったなあと思って感心して見ていたんですが、後でOHPを見に行ってみたら普通に両方の事柄が載っていたのでいろいろと専門用語について見てきました。

投稿者:クロのシエル

TVアニメ『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』オープニング主題歌「明日をとめないで」
TVアニメ『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』オープニング主題歌「明日をとめないで」美郷あき 畑亜貴 宅見将典

ランティス 2006-02-08
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。