萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





今回は待ちに待った瑞穂ちゃんの水泳のお話だったわけですが、女の子の日だから水泳の授業を見学、見学を重ねたために、




貴子さんが瑞穂ちゃんにカナヅチだから水泳の授業をボイコットされてるのではと問い詰めるあたりはほぼ原作通りで話のテンポなども悪くなかったですし、面白かったのですが、




貴子さんが問い詰めたあと、まりやと貴子さんがいがみあいになって、水泳対決するというアニメオリジナルのお話になって、そこから二人の練習する姿が描かれながら、




原作でもあった瑞穂ちゃんが熱射病になって倒れた貴子さんを膝枕をして介抱するというエピソードを挟んだあと




お祭り騒ぎの水泳対決という部分は、




確かにまりやの無理矢理な瑞穂ちゃんが水を嫌いになったお話や




貴子さんがカエル嫌いのお話などは面白くはあったのですが、全体的に間延びした感じがしてテンポが悪くて微妙。

というよりも今回のお話は、

原作では瑞穂ちゃんが水泳の授業を風邪といった他の理由でも休んでいるのにアニメでは、いかにも女の子の日だけを理由に水泳の授業を休んでいるという印象を与えかねない話になっているのは不自然。

それに原作では瑞穂ちゃんは一子のおかげで本当の女の子になって、水泳の授業に参加して見事な泳ぎを見せて、何度もある水泳の授業を乗り切っているのに、今回のお話を見た限りでは、結局貴子さんは瑞穂ちゃんの水泳問題を解決しきっていなさそうなので、貴子さんの性格などを考えるとそのような展開は不自然ですし、貴子さんたちに瑞穂ちゃんが泳げないという認識のままというのもおかしいと思い、原作と比べてアニメオリジナルの今回のお話は綺麗ではないなと思いました。

まあ原作を気にせずに、細かいところを気にしなければ面白かったと思いますけどね。

それに貴子さんやまりやなどの水着姿も見れたので……ただ瑞穂ちゃんのあのスク水姿(気になった方はキャラメルBOXのサイト内にサンプルがあるので見られたら良いかと)をアニメでは見れなかったのは凄く残念だ(それが本音かよ)

で次回は第7話「小ちゃな妹(かな)と大きなリボン」っていうことで奏ちゃんのあのお話っぽい……ってやっぱり緋紗子先生と詩織のお話は話数の問題で完璧にスルー?

あのエピソードはおとボクの話の中でも結構良いお話だと思うんですけどね……自分の記憶が正しければ確か紫苑さんのルートではカットされてもおかしくないと思うのでこのままカットされて紫苑さんルートでいくのか気になるところ。

今回の介抱イベントがあったので、貴子さんルートの可能性も急上昇中ですが、さてどうなることやら。


☆反省会(ぇ

……今回の感想は上記のようにガチで書かずに、こんなもの作らずに話を辿りながら、ツッコミ+ネタ感想にするべきだったかなorz

以下いつものように書こうと思った跡……放置するわけにはいかないのでやっつけでツッコミを入れておきます(ぇ




いろんな水着姿の瑞穂ちゃん可愛いよ瑞穂ちゃん

ただあのストライプの水着姿はねえええええええ




まりやのパンチラキタ━━━━ヽ(^∀^ )ノ━━━━!!!!

まりや (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル(マテ




緊張して体育教師に水泳の授業をせ、せ、せ、せいと理由を言えずに、赤くなっている瑞穂ちゃんに笑った、そして可愛かったですな。





ちょwww瑞穂ちゃん、着替えをみて顔が弛みすぎwww

これでは本当に変態さんですよwww

瑞穂ちゃんのことを男の子ということを忘れて、私もどちらかというと重いなどと話して、男の子ということを思い出して、赤くなる紫苑さんが、か、か、か、かわいい……なんて紫苑さんに言えない(ォィ

男子への道が復活するのが遠のいている気がして落ち込む瑞穂ちゃんには笑ったw


◆参照リンク(敬称などは省略)
たこの感想文: 乙女はお姉さまに恋してる・第6話
サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改 乙女はお姉さまに恋してる 第6話・「夏の日の狂想曲」を見て寸評
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。