萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は晴彦にどうせ起こすなら優しいキッスでだななという冗談に乗っかって、ベッと舌を出す&晴彦にそんなところを拭き拭きされると元気になっちゃうなあと言われて赤くなる莉子が可愛かった以外はどうでも良いかと思いましたね(マテ




前回莉子を庇う晴彦というのがあってか仲が元に戻る二人。

そして海で莉子が晴彦の告白の件を「ごめんっていう意味は今は答えられないっていう意味でいい」と言ったことにより保留になって、仲は良い感じになる。

しかし晴彦が今回のサブタイトル「面影」とあるように莉子から今は亡き母親の面影を感じたために、本当に莉子が好きのなのか分からなくなり、莉子から遠ざかることになって仲が再び悪くなる。

晴彦が莉子に母親の面影を感じるようになったのは、霧乃が意図せずに偽Giftを使用してしまったことが原因と分かって、それを解決するために晴彦が魔女っ娘の所へってところで次回へ。

今回のあらすじはこんな感じって何であらすじを書いたのかは自分でも分からないので置いておいて、

今回は莉子が晴彦の告白を保留にしたこと、晴彦が莉子に母親を重ねたこと、というので莉子ルートのイベントを消化

ピアノを最後まで弾けない霧乃ということが描かれたことにより、霧乃のイベントの伏線完了?



次回は「幸せの意味」ってことで今回霧乃に千紗ぽんが偽Giftを渡したことは次回への伏線?

という感じですかね。

原作プレイ者視点で視聴しているためか、Giftの設定変更や確か千紗ぽんは魔女っ娘として霧乃たち(晴彦を除く)の前には現れない&偽Giftを渡さないなりの理由があったはずなのにそれが無視されているように感じるためか、もしくは無理に全キャラのことに触れようとしているせいかストーリーが無理矢理な感じがしてどうも微妙デス。

尺の都合上、前回の綸花みたいな触れ方しかできないのなら、全キャラのことに触れることをやらないでメインで描くであろう莉子&霧乃のルートの話に絞って描いた方が、ストーリーがしっかりすると思うんですけどね……もし販促のためのアニメなら全キャラに触れた方が良いんでしょうがね(コラ


◆参照リンク(敬称などは省略)
もえろぐ : [Gift ~eternal rainbow~]第6話 面影
ブログ 壁:Gift ~eternal rainbow~ 第06話 「面影」 - livedoor Blog(ブログ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。