萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こうなることはなんとなく分かっていたんだ……ただそうなるとやはり悲しいものですな……

☆短すぎる銃撃戦



交渉決裂したレヴィたちとグレーテル?たちの銃撃戦は、ホテルモスクワの介入により前回期待していたよりも短かったので、消化不良だったかな。

ただ今回描きたかった部分は違うのだろうからこれで正解なのでしょうがね。

☆喧嘩をして落ち込むレヴィとエダそしてエダとグレーテル?



ホテルモスクワの介入により、賞金をもらい損ねて一端はにらみ合っていた二人が、結局落ち込むという姿には笑らいました。このコンビは良いお笑いコンビですわ(違)

そしてエダとグレーテル?ってことで、レヴィと別れて1人になったエダに背後からグレーテル?が銃を向けて登場したときには、エダここで死んでしまうのかとドキドキワクワク(コラしながら見ていたのですが、グレーテル?は脱出するためにエダに協力しろという要求を述べただけでしたのでちと残念だったな(ォィ

☆ヘンゼル?の終局とバラライカのつぶやき



バラライカの前におびき寄せられたとも知らずに、現れたヘンゼル?の終局はバラライカに一度も攻撃できることもなく、バラライカの部下のスナイパーによる銃撃で足を撃ち抜かれて、片手を飛ばされて死んでいくという存外あっけない死だったなと思いました。

そしてここでヘンゼル?が死んだあと

「歳かな……少し…少し疲れた」

というバラライカのつぶやきが、何を意味して疲れたと言っていたのか気になりました。

個人的にはこういう状況になって、死んでしまったヘンゼル?を見て疲れたのかなと思いました。

バラライカの上の台詞のあとグレーテル?が歌っている体の挿入歌の演出は、死んでしまったヘンゼル?への手向けの歌のようで良い演出だなと思いました。

☆脱出したグレーテル?と葛藤するロック



エダに脱出の協力を要請したグレーテル?は、ラグーン商会によって脱出している途中であったって、何か課程が抜けているような気がしないでもないですな。ここら辺は後々原作読んで補完するかな。

こういう状況になってしまったグレーテル?たちのことを知り、葛藤し怒るロックというのは、視聴者視点の声をロックが代わりに言ったように思いました。

☆グレーテル?の死



脱出しようとするグレーテル?。その死はホテルモスクワに雇われた脱出屋に銃撃によって殺されるというあっけないもの。

グレーテル?の死んだ姿を見たロックの言った

「青い空は仰いで海を眺めて眠るんだよ」

という台詞が言われて終わり。



今回の一連のお話はただ不幸な生まれ、不幸な暮らしを送ってきて、たまたま生き延びて、狂ってしまった双子が殺した報復に殺されたというだけのお話ですが、望まずしてこういう状況になって死んでしまった二人というのを見ていて、やるせなくもなり、悲しくもありました。

安い言葉ですが、できれば

死んでいった二人に幸あれと願わずにはいられなかったです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。