萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天保14年、江戸。巷では頻繁に妖夷が目撃されていた。妖夷を討つために蛮社改所と呼ばれる組織がつくられた。そして蛮社改所では最後の奇士・竜導往壓を探していて……

とりあえず冒頭のあの下手な絵には笑った。

やべぇー、あんな昔の時代から画伯がいたとは(コラ

あとは非常に嬉しくないおっさんたちの裸を見せられたときは、どんなサービスだよ、嬉しくねぇよとツッコミを入れらずにはいられなかったです。

その湯屋で湯汲みをしていた往壓は困っていた親子を救えなかったことに対して贖罪なのか、自分の身を明かして追われるっていうところで、往壓の剣術の腕にも感心して、そして正義感強く自分に厳しい性格なんだなと思って、そんな往壓には好感を持ちました。

往壓が湯汲みを止めたから来週から裸のおっさんを見なくて済むと思うと安心して視聴できるので嬉しいですわ(ぁ

三木眞一郎さんが演じる江戸元閥という美女もとい女装が似合う奇士が登場したんですな。あれで男とか詐欺以外のなにものでもないですよ。

往壓は再びあの親子と会った場所で、アーエル宰蔵に出会うんですな。

宰蔵は泥で転んだり、反応などがなかなか萌えキャラなり。まあ見た目じゃなくて仕草がですがね。

往壓が助けた親子の子供の方が何かから逃げようと土を掘っていたところで、異界から出現したと思われる妖夷から子供を救うために往壓が漢神を発動してもう一匹妖夷が出現して終わりと。

次回はどうやって妖夷二匹倒すかが見所ですな。

とりあえず

力ちゃんキタ━━━━ヽ(^∀^ )ノ━━━━!!!!

ぱよキタ━━━━ヽ(^∀^ )ノ━━━━!!!!

若本さんキタ━━━━ヽ(^∀^ )ノ━━━━!!!!

と叫んでおこう

キャラデザとかは好きじゃないですが、私は期待してなかったこともあるのでしょうが、今回の話自体は別に普通に次回も見よう程度には面白かったと思いました……世間的評価は知りませんがね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。