萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作画も良かったですし、キャラデザも個人的に好きな方で話も表面的に視聴すると面白かったです。

ただ個人的な見解で深く考えて視聴すると……

ということで

あえて否定的かつ独断な判断な内容の記事を書いているので、そういう内容の記事を読まれたくない方はご注意ください。

☆舞台設定について



冒頭
コウ暦2010年。8月10日。「ブリタニア帝国」は日本に宣戦布告した。極東で中立を謳う島国と世界唯一の超大国ブリタニア。両者の間には日本の地下資源を巡る根深い外交上の対立があった。本土決戦においてブリタニア軍は人型自在戦闘装甲機「ナイトメアフレーム」を実戦で初めて投入。その威力は予想を遙かに越え日本側の本土防衛線はナイトメアによってことごとく突破されて行った。日本は帝国の属領となり自由と権利とそして名前を奪われた。「エリア11」その数字が敗戦国日本の新しい名前だった。

個人的に舞台設定が微妙というよりもご都合主義にしか感じられなかった。

非常に個人的な理由を述べてみると


1.地下資源を巡る根深い外交上の対立によって起った戦争で、ブリタニア帝国が日本をわざわざ侵略するメリットがほとんどないのに侵略することが不自然な点。

地下資源を巡る根深い外交上の対立ということから、ブリタニア帝国が日本に宣戦布告したのは、日本というよりも日本の地下資源が欲しかったからと受けとれて、日本人の労力や領土が欲しかったという風にはとれないのに、わざわざ莫大なお金を掛けてまで戦後復興をして、しかも今回あったようなテロや反乱の危険性を抱えてまで侵略するのは、日本人のことを人間とも思わない倫理や道徳の欠けた世界唯一の超大国ブリタニアなら日本を滅ぼして、地下資源だけを得た方が合理的なので、合理的でなく、不自然なように感じられて、物語のために侵略したというご都合主義にしか感じられなかったです。


2.本土決戦においてブリタニア軍は人型自在戦闘装甲機「ナイトメアフレーム」を実戦で初めて投入。その威力は予想を遙かに越え日本側の本土防衛線はナイトメアによってことごとく突破されて行ったと述べられていますが、このような表現ではこの世界では「ナイトメアフレーム」は圧倒的に強いんだと無理矢理思わせようとしか思えない点。

全高:約4mぐらいの大きさの「ナイトメアフレーム」がテロ戦ならまだしも、本土決戦で活躍したというのは、ブリタニア帝国から遠距離弾道ミサイルや戦闘機などの空からの空爆より活躍したかのような誇大広告のようなにしかとれない表現には、圧倒的に強いんだと無理矢理思わせようとしか思えなかったです。


補足&蛇足:中立を謳う国を地下資源欲しさに倫理や道徳もないかのように無理矢理戦争を起こしたようにしか思えないブリタニア帝国が、デメリットばかりを抱えてまで侵略したのは、個人的には不自然でご都合主義にしか思えないです。

☆ナイトメアフレームについて


冒頭でも本編でも無理矢理強力なんだと思わせたいようにしか、表現されてないナイトメアフレームについてなんですが、実際のところ本当に強いのか?という疑問を今回視聴していて思えないわけで、その理由は使用者・使用状況にあわせてさまざまなバリエーションが存在するらしいので、飛行能力も加えることが出来るのかも知れませんが、今回視聴した限りではそれがみえてこないので、飛行能力を持った戦闘機などから、ナイトメアの攻撃射程外から攻撃されたら一方的にやられて弱いんじゃいないのかと思えてならなかったです。

上記の表現では分かりにくいので端的に述べると、具体的なことを述べてもないのに、ナイトメアがニュアンス的に強い、強力なんだと思わせようとする表現がうけつけられないんですよ。

☆ルルーシュ・ランペルージについて



ブリタニア人なのにブリタニアを滅ぼす。

嘘の経歴、嘘の名前、嘘ばっかり。

ルルーシュ・ビ・ブリタニアと名乗ったこと。

特別な力を得ることの出来た特別な人間。

上記のことから自分は某赤い人が思い浮かんだわけで、ルルーシュがこの地球を滅ぼすといった考えになって、隕石落としをするとか言いださないか楽しみです(マテ

☆その他キャラクターたちについて



中身を確かめないで、違うものを奪ってきたレジスタンスやテロリストを一網打尽にするために泳がせていたら、事態が進行してしまってシンジュクゲットーの人々を皆殺しにすると命令した総督と部下の現実ではあまり考えられない阿呆な行動には笑うしかなかったです。

今のところはもう一人の主人公的な認識の枢木 スザクに期待。

深く考えなくて視聴しなければ楽しく見れるのですが、深く考えて視聴すると、フィクションにしたいのか、リアル思考にしたいのか、どうも中途半端な印象を今回は受けたんですよ。

まずわざわざ世界地図を、日本の名前を出してまで反米思想を訴えたいのか、それともアメリカという国名をだしてないことから訴えたくないのかというも中途半端ですし、もし訴えたくないならわざわざ世界地図や日本という国名を使う必要はないんじゃないだろうかと思えてならなかったです。このことが解決されればいろいろと引っかかっている部分が解消さるのですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。