萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




展開はあれでしたが、光莉の歌によって天音の記憶が戻って、二人が結ばれて(そういう意味でも(コラ)良かったですね。

そして、個人的に気になっていた詩遠会長が天音さんをエトワールに推した理由が

「私、夢を見ていたの。天音さんなら私の夢を何でも叶えてくれると思った。でもそれは私の夢を勝手に押しつけていただけだったの。なのに天音さんがあんなことになったのに私は何にもしてあげられない。こうして心配することしか、こうして帰りをじっと待つしか、そんなことしか……」

と涙を流しながら言われていましたが……

ゴメン、ツッコミどころ満載過ぎてもう意味が分からなくて爆笑してしまいました。

まず「私、夢を見ていたの。天音さんなら私の夢を何でも叶えてくれると思った」というセリフは会長が何故天音さんを何でも叶えてくれる憧れの人みたいに思った意味が分からないので意味不明。

次に「でもそれは私の夢を勝手に押しつけていただけだったの」というセリフは仮にも会長なんだから、自己中心的な行動をしているって早く気がつこうよと思いましたね。

さらに「なのに天音さんがあんなことになったのに私は何にもしてあげられない。こうして心配することしか、こうして帰りをじっと待つしか、そんなことしか……」というセリフは会長が天音さんのことを大切に思っていることは分かりますが、別に会長のせいで落馬した訳じゃないんだから別に泣かなくても良いじゃないかと思いましたね。

それに帰りを待たなくて探しに行くことも可能じゃないんですかねと思いましたね。


あと雪が積もっている寒空の下で毛布一枚で朝まで待つって風邪をひくんで止めた方が……というよりも……

ってツッコムの禁止ヽ(´∀`)9 ビシ!!

次回最終回は今回最初で最後のダンスを踊って一見渚砂のことを吹っ切った感じもある静馬と渚砂の行方は?エトワール選の行方は?というあたりが気になるところ……というより終わり方がと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。