萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クーヤが天下を統一すべきというのを一度は断って、再び民が悲惨な目に合って、という段階を踏んで天下を統一を打って出るというのはクーヤも悩んだあげくそうしたということが表現できていて上手いと思う。

でも自国の防衛もままならない国があんなにいくら「アブ・カムゥ」を用いているからって楽に天下を治めていくとう展開が微妙。

戦略ゲームとかプレイされる方は分かって貰えると思いますが、自国の防衛も十分に出来ない国が、天下を治めることはまず無理と思うわけで、そもそも攻めている間の自国の防衛はどうしたの?、戦後処理は?という疑問もあります。

それに自国の危機を避ける手段にはハクオロさんのところとかと同盟するとかという他の手もあるんじゃないかと思いますし。

原作ではそこら辺はもっと上手く書いていると予想してみたりするんだけど……




天下統一を宣言したクンネカムンはオンカミヤムカイに攻め入るが、オンカミヤムカイの超絶の力"大封印"を撃たれて、一時は危ない目に遭うが、暗躍するディーの活躍により、危機を逃れオンカミヤムカイを制圧する。

ディーの言っていた「頃合いか」が何の頃合いのなのか、そもそもディー自身の正体が気になりました。




遂にクンネカムンがトゥスクルに侵攻という知らせを聞いたハクオロさんが都を放棄するというところで、ハクオロさんを無事に逃がすためにウルトリィを筆頭にここは任せてくださいというシーンはまとまりがあって良いなと思いました。



次回は第22話「忌まわしき契約」

アルルゥ死亡?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは、コメント失礼します。

>原作ではそこら辺はもっと上手く書いていると予想してみたりするんだけど……
原作でもあまり描写されていなかったような気がします。
クーヤの周囲では、そこまで気が回るのが
ゲンジマルしか居なかったってことなのでしょう。
どうしようもない国だとは思います。

>ハクオロさんのところとかと同盟するとか
『幼き皇』のエピソードでも少し説明がありましたが、
クーヤの部族が信じる神とその他の部族が信じる神は違います。
宗教が強い影響力を持った世界で、周りをキリスト教国家に囲まれたイスラム国家がクンネカムンだと考えるとわかりやすいかもしれません。

そのため、トゥスクルとクンネカムンが同盟した場合トゥスクルも孤立してしまいます。
また、アニメ中では描写がありませんがトゥスクルとクンネカムンは、
地理的にかなり離れているので同盟は現実的でなかったのでしょう。
この辺の説明が、アニメでは時間の制約もあり上手く行っていないのかなと思います。
2006/08/25(金) 02:34:43 | URL | アブカム #2QNyHlvE[ 編集]
アブカムさん、こんばんは^^&コメントありがとうございますm(_ _)m

原作でもあまり描写されていなかったような気がしますとのことなので、
若干描写不足かなと思いましたが、
アブカムさんに宗教&地理的(アニメでは描写がないのは残念ですが)な問題をご指摘されて、
クンネカムンが天下統一を選ばざるおえない展開に多少納得がつきました。

ついついハクオロさんとクーヤの仲にばっかり焦点がいっていて宗教の方に頭がいっていませんでしたが、
宗教上の問題は一国の国が暴走しても仕方がないぐらいの問題ですからね。
2006/08/25(金) 08:56:12 | URL | satosi #zPNUzuHs[ 編集]
こんにちは、僭越ながら私もコメントさせていただきます。
自国の防衛もままならないという意見についてですが
もともとクーヤたち、シャクコポル族というのは
トウカやゲンジマルのようなエヴェンクルガ族のように
戦闘に優れた種族ではありませんし
かといって知略に長けた種族でもありません
そのため他国から蔑まれ、見下されているという描写があったと思います
そのシャクコポル族に唯一許された力がアブカムゥなのです。
アニメでは描写はなかったように思いますがアレを動かせるのは
シャクコポルだけです。そのため他国に渡ることもなかったため
秘密兵器といってもいいぐらいの代物なのです
わかっていただけると思いますが戦闘において情報の欠如というのは死を招きます。
アニメでも「なんだアレは!!」みたいな台詞がたくさんあったと思います
そういったことからもアブカムゥというのは絶対的な戦力であり
うろ覚えですが一機で一個大隊にあたると原作の用語集に書いてあったと思います
ただ数が非常に少ないということとがあげられます
これは原作にも書いてなかったことなので
あくまで予想なのですが、あんなものが燃料もなしに動いているとは思えませんので
なにか燃料みたいなものが必要なのではないかと思います
そのためむやみに動かすわけには行かなかったのではないかなぁと
まぁ襲われたのは国境の村みたいなのでいいんじゃないかなぁ(ぇ
2006/08/26(土) 13:23:41 | URL | アブカムNo2 #LogKjSjk[ 編集]
アブカムNo2さん、こんにちは^^

アブカムNo2さんのコメントを読ませて頂いて、
クンネカムンが自国の防衛もままならないという考えは、
民が虐げられて嘆いていたシーンに囚われすぎた、
間違った考えだったかなということに気づくことができました。

コメントありがとうございましたm(_ _)m
2006/08/26(土) 21:08:02 | URL | satosi #4cdyejRQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。