萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交響詩篇エウレカセブン 第44話「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」 キャプ感想

It's All In The Mindは直訳すると「心にはすべて、それがある。」でいいかな。

レントン@三瓶由布子
★前回と打って変わって少しは
冷静になりエウレカのことを心
配していたレントン。ホランドに
何かあったら使えと言われたチ
ャールズさんの銃が何の意味を
持つのかといったところが気に
なるところ。
エウレカ@名塚佳織
★腕だけではなく体全体が発光
しだして、それをレントンたちに
見られたくないために逃げ出した
エウレカ。エウレカのあの発光現
象がレントンたちの現状を打破す
ることには違いないと思われます
が、どうも嫌な予感がします。
ホランド@藤原啓治
★リミッターを設ける以前の人型機
動マシン黎明期における負の遺産
で、封印されるべき機体のLFOには
神経系統の覚醒を高める薬物と、搭
乗後の睡眠を強制的に促す薬物の
2種類が、予め必要とされていたため
にこのまま使い続けると薬物のせい
で死んでしまうことが判明したホラン
ド。ホランドはやっぱりどこまでも死の
フラグが立ちますね。ホランド以外が
乗るという選択肢はないのだろうか?
ドミニク@山崎樹範
★今回のラストで「僕は決めたよ・・・
・・アネモネ」と何かを決断したドミニ
ク。今回第2のアネモネが死ぬ姿など
をみて遂にデューイに嫌気がさして裏
切ることを決断したのか?という気が
しました。
第2のアネモネ
★紛争の被害を受けた絶望病の少女
に薬物投与や整形技術を施して作られ
た第2のアネモネ。このシーンはグロか
ったので嫌悪感を感じずにはいられま
せんでした。まあ現実の世界でも人体
実験は起こっていた、もしくは起こってい
る?のでおぞましく思います。
ガリバー@杉山大
★ガリバーはドミニクに対するデューイ
の意図や意味があったみたいですな。
っていうかあんなに重くて伸びるってこ
いつの身体は何でできているんだ?

発光しだしたエウレカの運命は?、薬物のせいでこのままでは死んで
しまうホランドは?、そして何かを決断したドミニクは?と次回からの
展開も楽しみですね。

次回は第45話「ドント・ユー・ウォント・ミー?」です。

交響詩篇エウレカセブン 9
交響詩篇エウレカセブン 9BONES 京田知己 三瓶由布子

バンダイビジュアル 2006-03-24
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


投稿者:クロのシエル
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」思い違い、とかいった意味ですたしか。しばらく鬱展開が続きそうで‥‥‥
2006/02/27(月) 07:25:45 | URL | ×2 #-[ 編集]
×2さん、コメントありがとうございます。
>「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」思い違い、とかいった意味ですたしか。
そうなのですか?、私は熟語ほとんど知らないので教えて頂いてありがとうございます。
>しばらく鬱展開が続きそうで‥‥‥
確かにしばらくは鬱展開続きそうですね。
まあそれを乗り切った先には面白い展開が待っていると思うので良しとますかね。
2006/02/27(月) 13:25:15 | URL | クロのシエル #8efRrEo.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。