萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はアニマル横町 第1・2話 「どき☆どき 新しいお友達の巻」 「どき☆どき 扉を開くの巻」の感想を書きます。

アニ横はとりあえず兄嫁の横恋慕でも兄貴は横綱でも兄弟子の横座りでもアニメの視聴率横ばいの略でもなくてアニマル横町の略でOK。


「アニマル横町」(あにまるよこちょう)は集英社の少女漫画雑誌「りぼん」に連載中のギャグ漫画で略してアニ横で作者は前川涼先生で単行本は5巻まで既刊されている。



一話ということで幼稚園児のあみ@江里夏が新しい家に引っ越してきた日にうさぎのイヨ@宍戸留美、くまのケンタ@永澤菜教、パンダのイッサ@佐藤ゆうこの三匹に出会い三匹が動いているということを知ってそれぞれの特徴が明らかになり、その後あみが自分の部屋にあるイヨたちが住んでいるアニ横への扉が気になりその扉を開けようとするという話の中にビフォーアフターネタや未来から来たネコ型ロボットネタなどを繰り広げていたので1人と3匹が繰り広げる笑いと癒しのアニメという印象を受けました。

ギャグアニメになりそうなので基本的にはストーリー性はなさそうな予感がします。
笑いの方は個人的には一話の時点ではクスリと笑えるレベルでした。

まあ一応、次回も見みます。

次回は第3・4話「どき☆どき ケーキを作るぞの巻」「どき☆どき 宿題スルンジャーの巻」です。

投稿者:クロのシエル
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
楽しいねv-238
2006/02/14(火) 11:14:10 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。