萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は機動戦士ZガンダムII -恋人たち-の感想を書きます。

見た後の直後の感想は面白かったという印象ですね。


事実、2006年3月4日公開の機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-の前売り券を今日買ってきたぐらいですから。

話はベルトーチカがカラバのハヤトたちのところにくるところからエゥーゴのメンバーがアクシズに招かれるという、アニメで言うなら第15話 「カツの出撃」から第32話 「謎のモビルスーツ」ぐらいまでといった内容でした。

アニメの方は全50話で1話あたり30分(まあ実際はもっと短いが)と計算して合計25時間を三部作ということで3で割って約8時間を1時間半にまとめないといけないということで話しがとびとびになっていて話がつながってないなあという印象を受けました。

しかし、まあ要点は抑えられていたと思うし、何よりもアニメではなかった面白いエピソードや変更点(例えば百式のメガバズーカランチャーのエネルギーパックの役をアニメではゲルググがやっていたのに対して映画ではメタスが代役など)があったのでアニメを視聴済みの私としては別の一面のZガンダムを見れて良かったです。

しかし、本当の意味でのZガンダムの良さは映画では時間が短すぎて表現しきれないように感じました。

で映像の方について書くと個人的にはまあ前回と同じで新たな映像技術エイジングの効果によって多少なりとも違和感なく見られるようになっていると思うのですが、まあしかし、すぐに旧作カットと新作カットの差は明らかに感じました。これも個人的な意見ですがどうせなら全部新作カットにできないのかなあと思ったりしました(金銭的に無理か・・・)。

次にオリジナルの声優さんのファンの間でいろいろ(このサイトなど)とあった声優さんの変更点について書いていくと、オリジナルから変更した声優さんはフォウ・ムラサメ役を島津冴子さん→ゆかなさん、サラ・ザビアロフ役を水谷優子さん→池脇千鶴さんです。

あくまで個人的な意見ですがフォウ・ムラサメ役のゆかなさんの演技はかなりオリジナルに近い演技だったので多少の違和感を初めは感じましたが上手い演技だなと思いました。

でサラ・ザビアロフ役の方は演じられている池脇千鶴さんが実力派女優と知っていて池脇さんは凄い方だと認識しているのですが、やはり水谷優子さんの声の印象が強く声質に違和感を感じました。

で結局の所はアニメの機動戦士Zガンダムを視聴済みで好きな方なら楽しめると思いました。

最後にまあどうでもいいことですがハマーン専用ガザCなんてありましたっけ?

←機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-も見ようと思ったら押すしかないじゃないか!!

関連:富野由悠季総監督 インタビュー(前編)富野由悠季総監督 インタビュー(後編)

投稿者:クロのシエル

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
B0009VHUF8富野由悠季 池田秀一 飛田展男

バンダイビジュアル 2005-10-28
売り上げランキング : 12

おすすめ平均 star
star映画としての評価
starこんなに満足してる人がいるなんて
star・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。