萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IGPX -Immortal Grand Prix- 第4話 「皇帝の名の下に」 (キャプ感想)




今回のタイトルが「皇帝の名の下に」といことでチャンピオンチームであるヴェルシュタインの一人であるカニンガムとタケシの出会いや会話などが今回のメインと思っていたら・・・・





そうではなく今回のメインの話は天才少女と言われていたエイミーの子供の頃から友達が出来ないという悩みがあるというのとエイミーの誕生日にタケシたちがエイミーに内緒で誕生日会を開いて驚かせるという話がメインだった。

え~と、とりあえず展開がすぐに読めたのはどうかと思うが、まあお約束ならお約束で展開が読めたのもありだと思った。今回見た後、何か本編のついでにエイミーの悩みのシーンと誕生日会をもってきた感じがしてこのエピソードは今後の展開に必要だったのかなと思ったが、全26話ということでサブエピソード的な話もありだと思うし



なによりもチーム・サトミの結束とわずかだがエイミーの成長というのが描かれていてそのことが今後の展開に影響するのなら今回のこのエピソードは意味あるものであったと思う。まあしかし、それならタイトルは違う感じのにした方が良かったのではないかと思った。



今までは微妙なレースシーンだったけど今回見た限り今後面白そうなレースシーンを見せてくれそうな気がするので今後はレースシーンにも期待したい。



次回は第5話「我等、集う時」

投稿者:satosi

Believe yourself
B000BV7SDUexige

ランティス 2005-12-21
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。