萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日2月1日はKanonの美坂栞の誕生日ということで


栞誕生日おめでとう!!


という訳で今回は、この記事のタイトルにあるような【Kanon 美坂栞 誕生日記念SS 「二人で・・・・・・」 前編】なるものを普段はまったくSSとかを書かない管理人クロのシエルが書いてみたので、良かったら読んでみてください。

※お読みになった後での一切の苦情は受け付けておりませんのでご注意を(爆)


Kanon 美坂栞 誕生日記念SS 「二人で・・・・・・」 前編

1月30日(金曜日)、冬の時期は一面が雪景色の北国の学校。

放課後になってまばらに生徒たちは帰宅していた。

そんな中、一人の女子生徒が校門で誰かを待っていた。

その女子生徒は髪はショートで赤を基本とした制服を纏い、胸のあたりで紫色のリボンをしていた。

肩にはチェック柄のストールを掛けていて、誰かを不機嫌そうに待っている様子だった。

「おーい、栞、待ったか」

と一人の男子生徒が急いで駆け寄る。

「祐一さん、女の子を待たせるなんてひどいです。もし私が流行性感冒にでもなったらどうするんですか?」

と少し不服を込めた様子で見つめて言う。

「大丈夫、栞は流行性感冒にはならないって、だって昔から言うだろう○○は流行性感冒にならないって。」

と冗談を込めたように軽く言い放つと

「・・・・・そういうこと言う人、嫌いです。」

と少し頬を膨らまして怒るのであった。

「冗談だって、いや~本当に待たせて悪かった。今日は日直だったの忘れて、待ちあわせの時間を決めていたのがまずかった。だからお詫びと言っちゃなんだが喫茶店・百花屋で何でも好きなもの奢るから許してくれ。」

と頭を下げるのであった。

その姿を見た栞は機嫌を直して、笑みを浮かべて

「じゃあ、祐一さんには遅れた罰として、バニラアイス10個奢ってもらうことにします。」

「栞、いくら好きだからってバニラアイス10個って多すぎじゃないか?それじゃあ、いくらなんでもお腹を壊すぞ。」

と少し呆れた様子で言う。

そう言われた栞はごく当然のように

「もちろん、それは冗談ですよ。」

と言うのであった。

学校の近くにある商店街の一角にある喫茶店・百花屋。その店内で栞と祐一はメニューを一緒に見ていた。

「俺は甘いものが苦手だからコーヒーにするけど、栞は何にする?」

「じゃあ私はジャンボミックスパフェDXを頼んでもいいですか?」

「・・・・げっ、ジャンボミックスパフェDXを頼むのか?あのパフェは通常のパフェの5倍の量で、もちろん値段も5倍という何とも恐ろしいパフェだぞ・・・」

「・・・・だめですか?」

と潤んだ瞳で上目づかい気味に祐一を見つめる。

「・・・・ったくずるいぞ栞、そんな風に見られたら了承するしかないじゃないか。」

「じゃあジャンボミックスパフェDX頼んでもいいんですね。」

と笑顔で話す栞を見て、祐一はジャンボミックスパフェDXでこの笑顔、自分の大好きな彼女の笑顔が見られるなら、いくらでも頼んでもいいかなと思うのであった。

「そういえば明後日は栞の誕生日だな、明後日は何かしたいことはないか?俺にできる範囲なら栞の願いを聞くぞ。」

「う~んしたいことですか?それは本当に何でもいいんですか?」

「・・・・俺にできる限りならだけどな・・・・・・」

「・・・・・じゃあ、祐一さん、お姉ちゃん、あゆさん、名雪さんたちで雪合戦がしたいです。」

「・・・・・雪合戦?栞、何で誕生日に雪合戦なんだ?」

「だって誕生日でもないと、今、大学受験中の祐一さんたちと雪合戦したいなんていう、わがまま言えません。・・・・・・それに4月になったらお姉ちゃん、あゆさん、名雪さん、そして、祐一さんとも離れ離れになってしまって・・・・・・、きっともう二度と祐一さんたち全員と雪合戦することなんてないと思います。」

「・・・・・・なるほどな、栞の気持ちはわかったよ。明日俺がみんなに頼んでみるよ。」

「本当ですか?」

「うん本当だ、俺にまかせておけ。きっと栞の願いを叶えてみせるから・・・・・・」


最後までお読み下さいまして、ありがとうごさいましたm(_ _)m
(いらっしゃるのかは分かりませんが(汗))

あとがき

今回は前編と言うことで、後編は話の構成もきちんとできていますので、後できちんと更新したいと思っています。(誰も望んでいなくても(爆))

本当は前編と後編に分けるほどの文章の量ではないので、分ける必要はなかったのですが。

昨日の日付が変わる頃にノリで書くことを思いついたので、時間が足りなくなってしまったので、とりあえず前編だけ更新することになりました。

後編は、前編で名前が出た祐一、栞、香里、うぐぅ・・・、うにゅ・・・、以外のキャラクターも交えての壮絶なる大雪合戦です。果たして何人が生き残ることができるのやら(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
誕生祝にSSをお書きになるとは!
凄いですね!
続きが気になります。
後編は是非名雪に活躍の場を!(ぉ
2006/02/01(水) 15:22:51 | URL | ボタン #-[ 編集]
ボタンさん、コメント&読んでくださってありがとうございます。
>続きが気になります。
後編は是非名雪に活躍の場を!(ぉ
完成するまでしばらく時間が掛かりそうですが、できるだけ頑張ります。
一応全キャラクターが活躍するようにしたいと思っているので、もちろん名雪の活躍もあるかと思います。
2006/02/02(木) 04:58:22 | URL | クロのシエル #8efRrEo.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。