萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも最近良く聴いている曲は栗林みな実さんの「あなたが…いない」のクロのシエルです。

今回はタイトル通り06/01/30のことについての雑記を過去の雑記のように特に面白くなく書こうかと思います。

今回書くことはテーマ形式で初めに挙げてから書こうかと思います。

【今回のテーマ】

☆本日1月30日が誕生日の声優さん・キャラ
☆キミキス ラジオ公式サイトがオープン!
☆一騎当千 第10巻 感想
☆ぱにぽに 第8巻 感想
☆交響詩篇エウレカセブン 第2巻 感想
☆のだめカンタービレ 第13巻 感想
☆藍より青し 第17巻 感想
☆魔法先生ネギま! 第13巻 感想
☆プリンセスうぃっちぃず(R-18)プレイ日記


詳細は続きから


☆本日1月30日が誕生日の声優さん・キャラ

~声優さん~

鈴木麻里子さん DearS (幾原晴海役)、グリーングリーン(飯野千種役)
樋口智恵子さん To Heart(長岡志保役) ぱにぽにだっしゅ!(綿貫響役)


~キャラクター~
北里しぐれ(SNOW)

私なんかがお祝いしてもしょうがないでしょうが、お誕生日おめでとうございます。

☆キミキス ラジオ公式サイトがオープン!

今日は月曜日ということでいつものように音泉にアクセスしてSolty Reidioを聞こうとしたら、INFORMATIONのところに「亜美とかおりのキミキス チューニングアップ♪」というのがあって、それを見たときに「かおり」という文字に反応した私はアクセスしてみると、パーソナリティーが私がそうだったらいいなと思っていた水橋かおりさんでしたので嬉しかったのですよ。まあ配信日は4月からなのでまだ聞けなかったのは残念でしたが。

☆一騎当千 第10巻 感想

この作品はアニメがきっかけで読み始めたんですが、この漫画を簡単に表すなら三国志+バトル+エロのような漫画です。今巻もまあ相変わらずエロイですな。最後に曹操が何かおかしかったけどあれは何を意味してのやら。

☆ぱにぽに 第8巻 感想

南条さんが演じている6号さんは南条さんが照れながらやっていて可愛いですな。犬神くんが演じている都はかわいその一言です。姫子の夢の中のド○えもんの映画のパロとか芹沢×南条×来栖×ベッキーの抱き合うオチとかベッキーのサイコガンとかと今巻も面白かったです。

☆交響詩篇エウレカセブン 第2巻 感想

第3巻もう出てるけどいまだ第2巻を読んでなかったので読みました。アニメも良いけどコミックの方のエウレカはアニメの方に比べて、分かりやすくて読みやすいような気がします。まあその分いろいろ所が省略されて少し足されているようですが。それにしても

アネモネ「・・・ふうん キミもおいしそうね」

レントン「な・・・なに?」

アネモネ「ね キミ あたしと寝たい?」

というやりとりは衝撃的でしたよ。

エウレカとアネモネが仲良さそうに一緒にケーキを食べている姿というのも新鮮ですな。

☆のだめカンタービレ 第13巻 感想

のだめと黒木くんのロバの演技の動き、特に喜びの動き、気持ち悪くて面白すぎる。相変わらず千秋の料理おいしそうだなあ。千秋、のだめのことは変態扱いですか。のだめ髪自分で切ってたのかよ、しかもカリスマ級って凄すぎ。

次巻は問題だらけのマルレ・オケを千秋がどうまとめるのか、そして、千秋とのだめの共演が見物だなあ。

☆藍より青し 第17巻 感想

この作品もアニメがきっかけで読み始めたんですが、ついに藍より青しの世界も完結してしまったんですよね。最終巻のストーリーは、予想通りのハッピーエンドの話で本来はどってことないんだろうけど、これまでの過程においての薫と葵ちゃんの苦難や試練があったからこそのハッピーエンドの話で良い話であるように思えました。その話の中でも特に薫と葵ちゃんの初夜の後の朝の二人の会話の中での葵ちゃんの「藍はより青く鮮やかになってゆくんです。葵の愛も時間を掛けて育てていきたい。この着物みたいにこれからもずっと」という台詞はこの巻で一番印象に残っています。原作も終わったことだし再びアニメ化とかしないかな。

☆魔法先生ネギま! 第13巻 感想

この巻といえばやはりネギ君とナギの再開でしょうか。今までのネギ君のナギに対する思いを知っているだけに感動的でした。特にナギのネギ君に対する「お前はお前自身になりな」という台詞は印象的でした。

☆プリンセスうぃっちぃず(R-18)プレイ日記

一応知らない方のためにプリンセスうぃっちぃずこと、プリっちのことを簡単に書くと、プリっちは魔女っ子萌えな人のための18禁ゲームといったところで、アニメでは魔法少女に変身する時に見えないところがあるじゃないですか、でもプリっちはその見えないところが見えるというある意味での夢?を実現してくれたソフトなわけですよ。それに加えてこのゲームのバトルシステムは凄いんですよ。バトルシステムについては公式HPに体験版があるのでそれをプレイしてもらえば分かってもらえると思います。

今日は髪がロングでスタイル抜群な美女教師リリアン先生が登場したところまでプレイしたのですが、このリリアン先生のボイスを聞いた時にどこかで聞いた声だなあと思って、しばらく誰だっけと考えいていたら、あの声優さん(こやまきみこさん)だったんだと気づき驚きました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
プリっちですか。
バトルはなかなかおもしろいですよね。
リリアン先生は好きなキャラなんですが…攻略できない(;つд`)
2006/01/30(月) 16:03:47 | URL | ボタン #-[ 編集]
ボタンさん、コメントありがとうございます。
>バトルはなかなかおもしろいですよね。
他の面についてはプレイし始めたばかりですので分かりませんが、プリっちのバトルシステムは本当に斬新でなかなか面白いんですよね。
>リリアン先生は好きなキャラなんですが…攻略できない(;つд`)
そうなんですよね、あんなに魅力的なキャラが攻略できないという罠。本当に残念で仕方がないという感じでした。
2006/01/31(火) 00:41:21 | URL | クロのシエル #8efRrEo.[ 編集]
こんにちは
いつもお世話になってます。
「あなたが・・・いない」は確か、『School Days』の曲でしたね。
ネットでの評判は目にしているのですが、残念ながらプレイ環境が整っていないですね~(-_-;)
フルアニメーション作品・・・orz
曲の方は聞いた事があります。
とてもヴォーカルアルバムが欲しくなりましたww
みな実さん大好きですし、他にも好きなrinoさんやyozuca*さんやYURIAさんも参加されていたので・・・^^;
御誕生日・・・お!私的に反応できる人がいましたww
樋口智恵子さん、おめでとうございますv
志保は懐かしいですねー(笑)
「藍より青し」素晴らしい終焉だったかと思います。
個人的には今まで「漫画」の最終回に納得できた事が少ないのですが;この作品は最終回が好きな作品となったので良かったです(^_^)
>過程においての苦難や試練があったからこそのハッピーエンドで良い話だった
私も同意です。
最後の大きな困難にも打ち負ける事無く、自分たちが進むべき道を貫き通した薫と葵の姿には、胸を打たれました。
では(いつもながら;)長文失礼しました~m(_ _)m
2006/01/31(火) 02:50:36 | URL | ARIA #-[ 編集]
ARIAさん、コメントありがとうございます。
ARIAさん、こちらこそ、いつもお世話になってます。
School Daysは自分も未プレイなのですが、ラジオで「あなたが・・・いない」を聞いた時に良い曲だなあと思いましたし、他にも好きなアーティストの方の曲が収録されていてのでヴォーカルアルバムだけ持っています。
To Heartはこっちの世界に入るきっかけだった作品だけに志保、強いては樋口智恵子さんには特別な思い入れがあったりします。
藍より青しの終焉は私も読者が読んで納得できる素晴らしいものであったと思います。
>自分たちが進むべき道を貫き通した薫と葵の姿には、胸を打たれました。
同感です。自分たちが進むべき道を貫き通すのはとても難しいことなので、それを果たした薫と葵の姿だからこそ胸を打たれるものがあったと思いました。
>では(いつもながら;)長文失礼しました~m(_ _)m
いえいえ、本当にコメントくださって感謝致しています。
2006/01/31(火) 03:41:35 | URL | クロのシエル #8efRrEo.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。