萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆恋姫†無双 ~ドキッ☆乙女だらけの三国志演義~プレイ感想
シナリオ本編は薄くてシナリオ重視でみると凡作。
キャラゲーとしてはキャラが可愛く、エッチも豊富だったので良作。
三国志演義の要素はあまりないのでそれを期待するのは危険。
SLGパートは作業としか思えない蛇足に感じられたのでそれを期待するのは危険。
と上記のような感じなので、シナリオ本編が凡でもキャラゲーとして楽しめる方にはそれなりに楽しめるかも、+αで一応三国志演義の要素があるので三国志好きでキャラゲーでもOKの方はより楽しめるかもしれないですな。

自分はキャラゲーでもそれなりにOKで三国志も好きですし、出演されている声優さんも好きな方ばかりだったので、フルコンプするぐらいには楽しんだ感じですかね。

ちなみに一応の攻略ポイントしては3人のヒロインのEDをみたあとに、ラストの直前のデータをロードするなりして、もう一度ED直前までいくと皆のことを思い描いたという選択肢が登場するはず?なので選択すると、袁紹の回想&CGを獲得できるイベントも含まれるトゥルーED?を迎えられるみたいです(真偽のほどは保証しませんけどね(ぇ

最後に個人的なことからも知れませんが自分のPCでは、常にファンが回り続けるぐらいシステムが重すぎたのが、何よりも悪く感じたところかな。

☆車輪の国、悠久の少年少女プレイ感想
法月編は前作並のシナリオレベルで、前作との繋がりや前作でみられたような演出されたシーンもあってと面白かったです。
ヒロイン編はシナリオはありふれたFDレベルぐらいでしたが、そこそこ笑えてHシーンもきちんとあり、それに加えて前作のヒロインは当然のごとく、サブキャラのHシーンまであったのはFDとして押さえているところは押さえていて好印象。
まあFDなので前作ありきではありますが良作だったなと思いましたね。
まあ前作レベルを期待すると微妙と思われるかも知れませんので、過度な期待はしないほうが良いと思いますが。
スポンサーサイト


「なんでだろうな、今日初めて伍長が、あいつが、私を信頼してくれたように思う」

伍長がアリスを置いて、戦いに向かったこと。それをアリスは伍長の自分に対する信頼と受け取った。

信頼していないなら置き去りにしないでしょうからね。

その信頼を受けたアリスが




「恋ですな」

「恋ですよ」

ガチか!? ガチなのか?

みかんのたかちゃんへの想いは(ォィ

まぁそれよりもまなびが多佳子生徒会長のことを『たかちゃん』と連呼するものだから某東鳩2の主人公が、思い浮かんで仕方がなかったのは自分だけなのか気になりましたけどね(笑)




ちょwww菜月ってこういうキャラだったのかwww

小十乃の写真にキスをするというのを筆頭に菜月の部屋には、小十乃の人形、小十乃の写真で埋められているという、菜月の小十乃LOVEっぷりには笑った。



「なんでだろう峰君とは上手く合わせられなかったのに……でも峰君は気持ちよかったって」

「ああ、そういうのはいわゆる……」

夏ということで怪談話をすることになったひだまり荘の4人。



「ちょうど一年前の夏休みに私は学校に用事があって、学校に向かっていたの。その向かう途中、夏だというのに長袖のコートを着た人に出会ったことが、この身も凍るほどの出来事の始まりだったわ……」

感想は話の内容よりもフ○テレビで放送ということでなのか



め○ましテレビのめざ○し君がこっそりと登場していたり

ゲーム内リンク、専用HPへから行けるHPの戦国居残り開発室にてβ版ですが、待ちに待った?「全国版モード、猿殺しルートのテスト版」がアップされたようですね。

早速そのルートに突貫してきますわ。
◆はぴねす!瑞穂坂学園校内放送2007/1/12配信分に後藤麻衣さんがゲストにキタ━(゚∀゚)━!

これで久しぶりのホビらじktkr!!!とテンションが上がりまくりでした。

それにしても本当にいつになったらホビらじは帰ってくるのやら……

復活プリーズ!!

◆京四郎と永遠の空 第2話 「三華月百夜」


女の子二人でのお風呂キタ━(゚∀゚)━!

とか書いちゃってますが、まだ通して視聴していないという罠。

感想は明日以降書くかも……書かないかも(どっちだ)

◆Kanon 第15話 「かくれんぼの小奏鳴曲 ~sonatine~」
アニメ版AIRと原作Kanonと比べてしまうからなのか、過度な期待をしてしまうためかせっかくの舞ルートラストだったのに決して悪くはないのにイマイチな感じ。

せめてもっと話に入りやすくするためにも、余韻を味わうためにも、あと1話あっても良かったんじゃないかなと思いました。

まあその点についてはすべて終わってみなければ分からないのでしょうが。

個人的な現時点で思っている京アニ版Kanonの微妙なところを、すべて終わったときにも抱えているようだったらその時にでも書く予定。


「この時間は今日のニュースをお伝えする予定でしたが、これといった事件も起きてないので、予定を変更して私のフリートークで繋いでみようと思います」

ちょwwwフリートークで繋ぐニュースってどんな番組だよwww



こ、こ、これは

ネオアームストロング・サイクロンジェット・アームストロング砲

じゃないか!! 完成度高いな、おい

非常にマテ!!



ごみだらけの部屋でピアノを弾くのだめ

ってすごいシュールな図だな、オイ

あまりのシュールさに笑ったよ



「これがオレとのだめとの初めての出会いって……」




MMORPGゲームのアニメ化ということは良いとして、第1回(第1話)の中にいくつかのショートエピソードを入れる試みは面白いとしても、

そのショートエピソードの内容がゲームプレイしていない自分からすれば、ショートなのにも関わらず飽きを感じさせる内容でまったくもって面白いと思わせる内容じゃなかったので切ります。

あっ、唯一ゲーム内で美少女キャラのプレイヤーがおじさんということもあるという現実を知らしめてくれたのには笑いましたけどね(ほとんどの方が知っていることでしょうがw)

それにしてもこの作品ってゲームの新規プレイヤー獲得などのために制作されたと思うのですが、ゲームを知らない自分みたいな方にこういうゲームがあるんだということを知らせることができたのは成功だと思うのですが、あの内容では新規プレイヤー獲得には至らないと思うんですけど……

どうせならゲーム内容のアピールのことは二の次で純粋に面白い、良いアニメ作品を作った方がアニメが話題になって、アニメが面白いからゲームもプレイしてみようという方が増える思うんですけどね……個人的には。
総集編だね~、総集編だよ~

知ってたとはいえ、ここまで総集編だったとは、昨日書くなんて言わなかったら書かないところでしたよ(笑)

だって内容はというと稟というよりも杉田智和さんに延々と世界観とキャラクター紹介を語らせただけでしたからね。

☆新OP(クリック拡大)


楽しみにしていた新OPは、見て良かったとは思いましたが、どこかで見た覚えがあるカットが多かったので、いまいちでしたしね。

こうなったら完全新作オリジナルストーリーに期待するしかないか。


「ぎぃやあ、うぐぅっ!!」

ちょwwwうぐぅって中の人繋がりですかwww

自分の聞き間違えでなければうぐぅって聞こえたところが今回の中で一番印象深し(ぇ

あけおめことよろ(どれだけ遅いんだw)

■今日はアニメ感想は無し
来週の日曜は、伊藤静さん、能登麻美子さんが出演されるということで若干楽しみにしている「月面兎兵器ミーナ」の感想は書くつもりなのですが、今週の日曜日は、結構多くのアニメの放送自体(ひまわりとかケンイチとか)はやっているみたいですが、特に感想を書きたいというほどではないのでないので無しですわ。

それにしても日曜は「月面兎兵器ミーナ」ぐらいなのでもし外れだったらどうするかな……できるだけ感想は1日1タイトルで毎日更新という形態をとりたいんですけどね……他の曜日から回す形にするかな。

まったく月曜や金曜は多すぎというぐらい作品がかぶっているから、その分を他の曜日にばらしてくれた方が、どちらの都合も良いと思うんですけどね(ぇ

ちなみに明日は「SHUFFLE!MEMORIES」「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」「Master of Epic The Animation Age」の3タイトルを第1話なので書く予定です(本当に書けるのか?自分)

一応放送前にそれぞれの作品に対する書いてみる

「SHUFFLE!MEMORIES」
SHUFFLE!を視聴した自分から言えば何故?にという感じですが、新OP&EDやオリジナルストーリーは楽しみですが、前作のただの総集編の回の時はどうしようという感じはありますね。

「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」
現在進行形でOHPが重いんですけど何故に?……なので前情報見れねぇーorz

「Master of Epic The Animation Age」
MMORPGのアニメ化?っぽいので正直月曜放送の中で期待してない(マテ
今回は前々回の『視聴者が選ぶ名シーン』に入るであろう予想ランキング形式で書いていきます。

では、まず掴みである前々回の『視聴者が選ぶ名シーン』に入るであろう予想ランキング第6位は



オレンジ死亡報告のこのシーン

ちょwwwオレンジおまえ死亡扱いされてしまっているじゃないか!!

と思わずツッコミを入られずにはいられなかったこのシーンが、オレンジの人気を考えるとくるのではないかと思っています(笑)

早くオレンジくんが復活しないとオレンジの人気を考えるとこの作品の痛手になるのではないかと思うので早く復活して欲しいものですね。

でもスタッフの間でもオレンジくんは人気みたいなので、おそらく復活するときにはラクシャータか誰かから提供された新型ナイトメアに乗ってオレンジの逆襲を思わせんばかりの活躍する復活劇を予想しています(ぇ

それでもまあ、おそらくオレンジという呼び名は変わらないのでしょうがね。

と冗談はいいとしてオレンジサイドとして気になるのは、ゼロの正体に辿り着くフラグが順調に立っているヴィレッタの存在でしょうかね。

現にヴィレッタは今回シャーリー経由で、ルルーシュの顔を見て何か思うところがあったみたいですので、今後のヴィレッタの動向にも注目ですな。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


えーと、まぁ大分時間が経っていますが、そこら辺は気にしてはいけない(ぇ

本当は昨日このような感じで書こうと思ったのですが、8時まで徹夜で戦国ランスをしていて睡眠不足だったので書けなかったので、今日書くということに。

図らずして更新休止状態だった年末はランス、ランス、C.D.C.D.、みにきす、フォセット、とゲームをプレイするのに時間をとられたのと、年末の私用な時間を過ごしておりました。

簡単にですが年末プレイしたゲームの感想などを書いてみますかね。

☆C.D.C.D

◆D.C.
久しぶりのD.C.シリーズをプレイしてD.C.のBGMを聴いたり、キャラクターたちが描く話を読んで、感慨深く思ってしまう辺り、私ってそんなにD.C.好きだったんだという思いに駆られましたね(D.C.はPCゲームをプレイしだした初期のタイトルなのでw)

で内容はことり好きなら買う価値ありというところですかね。ちょっとエッチなサンタコス、女王様のことり、オナヌーしていることりがみられますからね(下品ですよ)

あとはみっくん、ともちゃんのエッチな姿が見られるのがプラスなところでしょうかね。

話自体は展開も予想通りで凡でしたがね。

◆D.C.II
朝倉姉妹丼を美味しく召し上がりましたとさ(下品すぎですよ)

話自体は同じくという感じ。

他の作品は元々の奴をプレイしていないので、暇があればプレイしてみますかね。


☆みにきす
PS2版をプレイしていなかったので、今作で素奈緒のストーリーが読めて、素奈緒のこと、レオがテンションに流されないようになった理由が分かり楽しめたのは良かったのですが、今作用に新たに追加されたHシーン部分と元々のそうでない部分の繋ぎがイマイチな印象、正直あんまりいらな(ry

☆フォセット
この青空に約束を―サイドのラストシナリオの「陽だまりのヴァージンロード」、パルフェサイドのラストシナリオの「里伽子抄」のシナリオのレベルは、ファンディスク的な扱いの作品とは思えないぐらいシリアスの意味で高いシナリオレベルで詳しくは書きませんが、良かった、素晴らしかったと思える話でした。

それに付け加えて、今回の各シナリオで描かれていた茜に、海己に、奈緒子に、カトレアさんに(コラ、里伽子に、久しぶりにきゅんとくるものがあって萌えという意味でも良かったと思いましたね。

ただ一つマイス点としては、「この青空に約束を―」「パルフェ」それぞれHシーンは3つずつからも分かるように全キャラクターを押さえきれていないので、今作で自分の好きなキャラクターがあんまり良い扱いをされていない方にとっては不満なものになる可能性もあるかなと思えたのでそこはマイナスだったかなと思いましたね。まあ全キャラ押さえるのは無理がありそうですが……

自分にとっては比較的満足できる作品でしたよ。

ちなみにおまけのクイズ最高点が13764点ですが、何か問題でも(ぇ

☆戦国ランス感想というよりプレイ状況
全ルート攻略、☆×5クリア、最高点191点(ルートボーナス除く)獲得、全勢力キャラ追加ボーナス獲得、オロチ撃破という状況であとは全国版モード(無茶苦茶モード)を待つばかりです。
これほど長い時間プレイしたPCゲームは同じアリスソフトさんの「大悪司」以来というぐらいプレイしていますね。

すでに何時間プレイしたか分からない

一番苦労したのは武田の風林火山のキャラ追加ボーナスを得るのかな……得るために全国を3,4回ほど征服してしまいましたよorz

ちなに昨日は最強と名高いオロチを
ランスLV99
上杉謙信LV70
独眼流政宗LV70
馬場彰炎LV68
ウルザLV65
沖田のぞみLV59
名取LV58
小川健太郎LV57
徳川家康LV55
高坂義風LV55
真田透琳LV55
マジックLV55
北条早雲LV53
レイラLV52
毛利元就LV51
折女LV50
お町LV50
ノワールLV50
野菊LV50
鈴女LV49
犬飼LV47
毛利てるLV47
柴田勝家LV46
大道寺小松LV43
吉川きくLV42
凰火朱鷺LV43
香姫LV40
ほぼ全員迷宮戦上手付きというメンバーで圧勝してきました。意外と弱かったですな。

P.S.
昨日の「ネギま!?」の感想を書く際に何も書くことが思いつかなかったときは、もう感想を書けない人間になったのかと正直焦りました……でもよくよく考えたらストーリーがアレなので書くことがなかっただけな罠

まあ実際、今日は「Kanon」「京四郎と永遠の空」を視聴して感想書けましたしね。

最後に突然何の前触れもなく更新休止状態にしてしまうダメ管理人ですが、今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m


姫子キタ━(゚∀゚)━! (違)



千歌音ちゃんktkr!(再度違)



ワルキューレキタ━(゚∀゚)━! (再三違)

中の人が同じでキャラデザが似ている?ので違ネタを連発しましたが、これって意識されたものなんでしょうかね?

と上記を読んで頂けたらなんとなく予想がつくかと思われますが、私は「円盤皇女ワるきゅーレ」「神無月の巫女」のアニメが好きですが、「神無月の巫女」「円盤皇女ワるきゅーレ」の原作者・スタッフが辿り着いた壮絶なる愛の物語と銘打つこの作品の今回の第1話を視聴した限りでは……

今クール新作一作目はゴスロリ美少女ファンタジーアクション(ショタもいるよ)(勝手に命名)「Saint October セイントオクトーバー」です。

で一話を見た限りでの簡単な感想は



ゴスロリ美少女が戦う姿っていいね!!

っていうところでしょうか。

基本的に自分はゴスロリ好きなので、結構楽しめそうかな。

まあ今のところは駄作にも良作にもなれる作品という認識ですがね。

以下第一話の少しの感想とこの作品のスタッフとキャストについて



ネギの前だからって意地(見栄)を張るアーニャがかわええ!!

ここのシーンは見ていてやべぇ可愛いよと悶えていましたよ(笑)

今回はここだけを押さえていたら後はどうでもいい(マテ


肝心の本編は本当に31人全員とキス仮契約するとは……

どうせ自分なんて……orz

あと仮契約のシーンといえばバックでハピ☆マテが流れていましたね。

今が1月だからなのか1月度バージョンが。

流れた時はハピ☆マテキタ━(゚∀゚)━! と意味もなくテンションが上がっていましたよ。


「ゆけゆけバカピンク」という名のいつものおまけシーン

いつも最後にやっているおまけのシーンの方が本編より面白いと思ってしまうのは私だけ?(ォィ

「ゆけゆけバカピンク」は全国のまき絵が泣いた!!じゃなくて全国のまき絵ファンが泣いた!!じゃなかろうか(ぇ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。