萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いいモノ見た~
っていうのが今回の感想じゃないでしょうか。
まあ回想演出中のシーンだったので色彩がアレなのはすこし残念でしたがね。
それにしてもいくら緊急時とはいえ、トラックの影とはいえ、あんな街中で下着姿になれるのはある意味変た(ryじゃなかろうか?(コラ

あとはヒカルのせいで苦労する委員長に笑ったいうところでしょうかね。
苦難続きの委員長はかわいそ、かわいそなのですよ。

で次回原作通りであればウマ仮面ヒモバージョンがあると思われるので、それが楽しみ。
スポンサーサイト



真琴が望んでいた祐一との結婚式。

それはまるで真琴ルートのお話を表すかのように実に美しく綺麗だなと思いました。

今回は「君と俺は相性がいい」ってことで



「どうやら本当に君と俺は(身体の)相性がいい」



「つまりあとは本人同士の心のみで付き合うかどうかってコトだな」



「その通り」

みたいな秋水×カズキのBL展開キタ━(゚∀゚)━! みたいなことを期待していただけに、そういう展開じゃなかったのは残念だ(マテ

☆秋水VSカズキのバトル
刀と槍では使い手の力量が同じ場合はそのリーチの差から一般的には槍の方が有利ですし、カズキの武装錬金はエネルギー放出までできるので全体的にはカズキの方が有利のはずですが、秋水先輩の武装錬金がエネルギー系を無効にしてしまう且つ力量は秋水先輩の方が上なので文字通り「君と俺は相性がいい」っていうわけですな。

全体的に戦闘はあっさりしていたように思いましたが、それなりにいつも通り面白かったので良かったかな。

秋水姉弟に関しては次回あるであろう2人の過去の方が見所ですので、次回が楽しみですね。


ど真ん中にでかでかとハートのデザインされたシャツを着ている人が、センスがどうとか決して言ってはいけない(ぁ

それにしても全員チュパT着ているって……かなりシュールな画だ

というよりも変(ry



ち、ちづ姉! それズル! ズルだからなんて決してちづ姉に言ってはいけない

もし言ったら……









「私に盾突いたから○られても仕方がないのよね♪」

ということにもなりかねませんからね

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

(マテ



見なかったことにされたまき絵に全米が泣いた(笑)

落ち込んでいるところを心配されるネギと落ち込んでいるところを見なかったことにされるまき絵の扱いの差は凄いですな(ぁ


「寂しいのよ!! あの娘がいなくなってあたしが寂しいのよ!!」

からだがいなくなったことに対して初めて明かされる椒子の台詞が、心配なんかしてないわというもので始まったので、一端は残念な気持ちになりましたが、尋が思っていた以上に椒子がからだのことを想うようになっていた気持ちが表れているような上記の台詞を聞いたときは、嬉しくなりましたね。

この台詞を聞いたら再会するであろう椒子とからだの再会のシーンが楽しみでたまりません。



「今までずっと生活のために働いてきていろんなものを我慢して……だからこの辺であの人の好きにさせてもいいかなと思ったの」

からだが働かせてもらうことになったペンションの経営者の1人である、おばさん(磯貝由香)が言ったことを上記のことを聞いて、何か思った様子のからだがおばさんが言ったことが今のからだと重なったので何か思った様子だったのかと思えて印象的でした。


委員長の喘ぎっぽいボイスがエロエロエロすぎだーーーーー!!!

今回はそれが聴けるだけでも一見の価値がありましたね(ぇ

それにしても親が子供に馬乗りしてムチで叩くってそれ?どんなプレイ?(マテ

今回は委員長のエロとそのあまりにも不遇な姿に爆笑しました全米が泣いた(ォィ

今回のあの姿を見ていたら頑張る委員長を応援したくなりましたね……どうせ無理なんでしょうが(コラ

アニメではどこまでやるかは分かりませんがあの神護如意天馬羽衣バージョンの委員長が出るまではやってもらいたいものです(ぁ

最後にあの良いところでお知らせを挿入するとはテ○朝やるな(何がだ)



今回はネコミミメイドさん姿の春姫と準にゃんや、ドロシー姿のすももが可愛いくて良かったという以外特に語ることはありませんが、なにか問題でも(コラ

18禁ゲーム個人的ランキング&プレイ履歴一覧はコチラから

2006/12/1追加

☆遥かに仰ぎ、麗しの(PULLTOP)
感想に関してはこちらの記事を参照

☆Really?Really!(Navel)
CG:400(差分を含み背景を含まない)
音楽:57(過去作品の音楽含む)
Hシーン:16(楓3、桜2、亜沙4、プリムラ3、麻弓2、撫子2)
プレイ時間:8~11時間ぐらい

CGと音楽(過去作品の音楽を含むとはいえ)のボリュームが大きくて豪華かつ作品中のとあるシーンはインパクトだけだったら、ここ最近プレイした作品の中でも印象的で概ね満足の作品でした。まああの逆転裁判っぽいシステムはいらないような気がしないでもなかったですが。

CG:83
音楽:27
Hシーン:20(みやび1、殿子1、梓乃2、栖香8、美綺6、邑那2)
プレイ時間:30~36時間ぐらい

この作品を自分なりに簡潔に評してみると駄作と良作が合わさり結果的に良作と思った作品。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。