萌えと燃えの日記。

アニメ、漫画、美少女ゲームの感想、レビューを書く日記のはず
 戯画『 Xross Scramble 』おうえんバナー企画参加中♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OverDrive 第1話 「Boy meets bicycle. (Part.1)」 感想 投稿者:クロのシエルの続きを読む

スポンサーサイト
まず冒頭の説明で出た「マクスウェルの悪魔」は知りませんでしたが、Maxwell(マクスウェル)と言えば、個人的にはMaxwellの速度分布則やMaxwell分布の式などでお馴染みの物理学者のマクスウェルを知っていたので、そのマクスウェルと関係があるのかと思って調べてみたら、本人の事だったので、そんなことが提唱されたいたのかと知って驚いた。

冒頭でマクスウェルの悪魔は否定されたと述べられていましたが、もしそれが今回銃を熱くすることを見せたエリスの存在によって可能になるのならマクスウェルの悪魔のリンク先にも書かれていますが、永久機関なども理論上可能になってしまうので、その能力のせいでエリスが狙われているのかなと思いましたね。

まあ公式の方のエリスのキャラクター説明中に「魔女」のDNAを持つとか書かれているので、マクスウェルの悪魔とは関係がなさそうな気もしますけどね。

☆エリス:清水 愛さん


記憶があまりないからなのか、人とのコミュニケーション能力が乏しいというかそっけない印象のエリス。

だけど一方でおばあちゃんのことを心配して、町に留まって世話をしたり、怪我をしているナディのことを心配し治療したりと本質的には、優しいみたいですな。

こういう感じの内面のキャラクターは、好きなので作品を楽しみ上では大きなプラスでありましたよ。

まあ内面だけでなくルックスも好き系ですけどね(笑)

それにしてもあの身体能力の高さと不思議な能力には、「魔女」のDNAとやらが関係しているのでしょうが、普通に驚きましたね。



「寂しいのよ!! あの娘がいなくなってあたしが寂しいのよ!!」

からだがいなくなったことに対して初めて明かされる椒子の台詞が、心配なんかしてないわというもので始まったので、一端は残念な気持ちになりましたが、尋が思っていた以上に椒子がからだのことを想うようになっていた気持ちが表れているような上記の台詞を聞いたときは、嬉しくなりましたね。

この台詞を聞いたら再会するであろう椒子とからだの再会のシーンが楽しみでたまりません。



「今までずっと生活のために働いてきていろんなものを我慢して……だからこの辺であの人の好きにさせてもいいかなと思ったの」

からだが働かせてもらうことになったペンションの経営者の1人である、おばさん(磯貝由香)が言ったことを上記のことを聞いて、何か思った様子のからだがおばさんが言ったことが今のからだと重なったので何か思った様子だったのかと思えて印象的でした。



今回は全体的に作画が悪かったということと岬ちゃんのフェ(ryの体勢と委員長のおっ(ry以外特に語ることはないなあ(マテ

岬ちゃんのフェ(ryの体勢の時に髪を押さえる仕草にはやられました(ぇ

で今回のお話はAパートは委員長とその兄のこうなったお話と、佐藤くんと委員長兄の同じ家なのにネット上で話をするお話だったんですが、あまりにも重すぎて笑えなくて軽く欝になりましたよ(ぁ

でBパートはマウスロードが警察に立件されたために、委員長がそのことにより家に帰れなかったために、その兄が飢え死にしそうになったのをきっかけにそば処で働くようになってひきこもりを脱出して、めでたし、めでたしというお話。

委員長兄がそのまま飢え死にする可能性などいろいろツッコミどころはありますが、委員長兄がひきこもりをとりあえず脱出できて良かったですね……まあ現実では甘くないんでしょうけど。

今回のサブタイトル「青い鳥にようこそ!」の青い鳥って、気がついていないだけで身近に幸福や希望はあるっていう意味でしたっけ?

もしそうだとすると今回は更生できないところまで来たと思い込んでいた委員長兄が、飢え死にしそうになったことを、きっかけに今までのことが嘘のように更生できたことを通してそのことを伝えたかった回ってことなのかな。

◆参照リンク(敬称などは省略)
たこの感想文: NHKにようこそ!・第19話
Todasoft Blog
おもちやさん
少年カルコグラフィー N・H・Kにようこそ! 第19話感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。